2018年7月12日木曜日

開店から1週間。

こんにちは。1週間以上降り続いた雨もようやく止み、青空が戻ってきました。

西日本各地で拡がる被害は自然というものの恐ろしさをまざまざと見せつけられました。一方で通常は自然の美しさに心を奪われ、癒されている身からすると、自然に生かされているんだなぁとしみじみ思います。



さて、開店から1週間。
現在は、ネット予約もせず、フライヤーもできたばかりでこれといった宣伝はしていません。知り合いや地元の方から数件の予約は入っていますが、そこまで積極的に動いていないというのが実情です。



と、いうのも改装もまだやりたいところがあり、ベッドもまだできていません。泊まれる状態とはいえそれではあまりになので8月ぐらいまではかいそうしながら営業するというスタイルになりそうです。

先日は廊下の壁とドアを塗りました。





元々白い壁でしたが、長年の汚れが蓄積し、なかなかきれいにならない状態になっていたので「じゃあもう塗っちゃおう」ということで塗りました。
結果なかなかいい感じです。

今後はさらにちょっとこれに手を加えようと思います。

また、その他にも、台所に格子や棚を設置したり色々細かなところをいじっていこうと思いますのでまたその都度報告させていただきます。

EkimaehouseSamaru
高知県高岡郡四万十町大正558-1
(0880)27-0387

2018年7月5日木曜日

何とか…

こんにちは。
四万十町はここ1週間雨です。



さて、構想は2年、着手8か月。ついに『EkimaehouseSamaru』。7月1日にオープンしました。
と、いっても特別なことは何一つしてません。
皆さんからお花をいただいたり、お祝いをいただいたりしましたが、盛大なオープニングセレモニーなどは一切やっていません。


そこには2つの思いがあります。

一つは「まだ未完成であるということ」
大まかな改装が終わったとはいえまだまだ改装したり色を塗ったりしたいとことは多々あります。それにまだベッドはそろっていません。
そんな未完成な状態なので、堂々と「オープンしました」とは言いづらかったです。


もう一つは「オープンが目的ではないということ」
2016年6月に行った岡山県倉敷市での「ゲストハウス開業合宿」で一番最初に言われたのは「ずっとやるつもりでゲストハウスを作りなさい」ということでした。
正直ゲストハウスを作るということだけなら少々のお金はかかりますが誰でもできます。ただ、それを続けていくということはとても難しい。
私は特に弱い人間なので「燃え尽き症候群」になってしまってオープンしただけで満足してしまいそうでした。


オープンが目的ではなく、続けていくことを目的にしたかったのでオープン時には何もしない方がいいのではないかという思いがあって特別なイベントは今回しませんでした。
5年後、10年後、この地域に私のゲストハウスができたことで少しでもにぎやかになった時。そんな時には盛大なイベントをやりたいと思います。


さて、今現在、ネット予約のサイトにも登録申請中で予約は直に私に連絡をくれた人だけに限っています。
それでもありがたいことに10件近い予約が入っており、改めて人に恵まれているということを痛感しています。

受付は電話で、
(0880)27-0387.
現在はどのお部屋も一律3000円でご案内しています。
もし泊まりたいという方がいらっしゃれば、一部改装中、オーナー勉強中ですがお電話いただければ幸いです。




2018年6月20日水曜日

開業に向けて

どうも。今日の四万十町は激しい雨に見舞われました。

そんな中ですがたんたんと開業準備をしています。
先週から今日までにやったことは以下の通り…
①看板作り…先日作ったステンシルを使って看板を作りました。最初間違えたりハプニン  
      グがありましたがなんとか完成しました。


②階段の壁塗り…北側の階段の壁を緑色に塗りました。狭かったので汗だくだくです。


③洗面所の漆喰塗り…久しぶりの漆喰塗り。


④床面のニス塗り…ニスを塗りました。まだ3分の1ほど残ってます。


⑤焼印買いました…サマルのロゴの焼印を買いました。なかなかいい出来です。


⑥電話番号決まりました…電話をひいてもらいました。


とまあこんな具合です。
まだまだこれからも宿帳の作成や開業準備は沢山あります。改装もまだやりたいところもあるし、掃除もしなくちゃいけません。そうそうカーテンとかも購入しなければ…
なかでも予約サイトへの登録がそういうものに疎い僕にとって一番憂鬱です…

ほんと間に合うのか不安ですが、とりあえず7月1日というオープン日は決まったのでそれに向かってできるとこまでやりたいと思います。


あ、ハンモック買いました。

2018年6月14日木曜日

一応…

こんにちは。

GW過ぎから始まった大がかりな改装がついに終わりました。



四万十の檜と杉を使った床。ヒノキカグさんの集成材を使った天井。
構造用合板の壁。

木だらけの状態です。



自分自身もこの期間中大工さんに習いながら大工仕事を少しですが覚えました。
一部の床や、階段の踏み板は僕が張ったものです。
本職の大工さんに比べると全然だめですが、それなりに自己満足はしています。



そうそう、玄関も作りました。


今日で、大まかな改装が終わったのであとは自分で少しずつ、ペンキや漆喰を塗ったりしてやっていこうと思います。



2018年6月6日水曜日

クラウドファンディング

どうも。
日に日にできてくるゲストハウスに身の引き締まる思いがしています。

ゲストハウスを開業するにあたって、してみたかったことがあります。
『クラウドファンディング』。

最近よく耳にする言葉だと思いますが、簡単に言うと、何かやりたいことがあるけど資金が足りない時にネットを通じて不特定多数の方から資金を調達する方法です。
いずれやろうやろうと思っていましたが、今回高知大学の講義の一環として一緒にやってみませんかという話があったので飛びついてみました。



「商品開発基礎演習」という講義で、4月に高知大学へ行き、大勢の学生さんたちの前で私の「ゲストハウスで町をにぎやかにしたい」という夢を語り、それに賛同してくれた学生さんたちと一緒にクラウドファンディングのページを3か月で立ち上げるというものです。
隔週にある講義にも参加しました。




私のゲストハウスをつくるという夢にかかわることが学生さんたちにどれだけの学びを提供できたかははなはだ疑問で、学生さんたちには申し訳ない気持ちでいっぱいですが、私自身としては毎週のように打ち合わせをさせてもらって、学生さんたちの意見を聞くことができ学びになりました。
なにより、半強制的にでもクラウドファンディングができることになったことは良かったと思います。



最終的にクラウドファンディングを始めるのはまだもうちょっと先になりますが、高知大生と一緒に作ったクラウドファンディングのページ。始めたらまた報告しますのでよかったら見てみてください。
ついでに、応援していただけたら幸いです。







2018年5月29日火曜日

台所が…

どうも。

7月のオープンに向けてあと1か月。
少しずつですが宿の方の改装も進んできています。



そのうちの一つ。台所の床と壁が出来上がりました。
1月に初めて苦節半年。
やっとここまで来たかという思いです。




当初は「まぁ~1か月もあれば終わるかな」と考えていましたが…

甘かった。







一つのことをするのために色んな下準備が必要なことがあるんだということを再認識しましたし、なにより下準備が一番大切なんだということを学びました。

ただ台所が完成したからといってまだまだやることは沢山あります。
簡単にこれからやることが以下の通りです。

◎玄関に格子をつくる
◎廊下に床を張る
◎洗面所の壁に漆喰を塗る
◎階段の壁に色を塗る
◎廊下の壁をどのようにするか考えて実行する(珪藻土?ウォールステッカー?)






その他にも、開業届、青白申告の準備やHP、フライヤーの準備などやるべきことは沢山です。
時々やることが多くて先が見えなくなりますが、今日のように出来上がっていくものがあると頑張れます。





これからは出来上がっていくことが多くなるので楽しみです。
また色々とご報告させてもらいます。


2018年5月21日月曜日

GWのことと、その他もろもろ

こんにちは。

先週、先々週と、毎日のように大工仕事をしていましたが、大工さんが田んぼの仕事があるとのことでちょっとお休みです。



おかげさまで改装は順調に進んでいます。
1月から取り掛かっていた台所の壁をようやく塗り終えました。
これからはどんどん完成していくものが増えるんだなと思うと、焦りもありますが、やはり嬉しいものです。



さて、話は変わってGWのことです。

一年を通じて一番観光客が集中するGW。
ここ四万十町大正も例外ではなく、多くの県外ナンバーが国道381号線を走っています。
そんな中で一つの問題が…
それは「宿泊問題」。
四万十町は圧倒的に宿泊施設が少なく、限られた宿泊施設はすぐに満室になってしまいます。



5月4日。
その日僕はゲストハウスの予定地である「大正駅前賑わい拠点」で仕事していました。
すると、あるご夫婦が宿を探しに来られました。
近くの民宿に電話しましたが、あいにくその日は満室。
ご夫婦の話を聞くと、寝袋も持ってきており、屋根さえあればいいとのこと。
「ほんと泊まるだけしかできませんがいいですか?」
ということも伝え、了承をもらったうえで、ご夫婦に泊まってもらいました。

改装もしていないし、開業届も出していないのでお金は受け取りませんでしたが、ひょんなことから初めてのお客さんを迎えることになったのです。

そのご夫婦は、僕が前に住んでいた福岡から来たということもあり、夜は一緒に呑んで楽しい時間を過ごしました。
次の日の朝早く、ご夫婦は福岡へ帰って行かれました。

それから1週間ぐらいたったある日のこと。
そのご夫婦から、福岡の名物と一緒にお手紙が届きました。



嬉しいサプライズ。
改装が出来たら、ご夫婦に手紙を書こうと思います。




2018年5月12日土曜日

第一床完成。

どうも。

本格的な改装が始まって1週間。ほぼ毎日朝8時から午後5時まで大工仕事をしています。
といっても僕ができることは少なく、お手伝い程度のものですが…



でもまぁその甲斐あってか、今日一部屋分の床が完成しました。



お手伝いとはいえ初めて床をはってみて、とてもいい経験になりました。

一言で「床をはる」って言っても、レベル取ったり、垂木並べたり、色んな工程があるんですね。



大正の檜を使った床が完成して、なんかワクワクしてきました。




現在その他にも壁の張替えや、台所の壁塗りなどを同時進行中です。
また、変化があれば報告させてもらいます。






2018年5月9日水曜日

動き始めました。

どうもです。

4月末で地域おこし協力隊としての勤務が終わり、5月からは無職。といっても、ただの無職ではありません。
あくまでこの無職はゲストハウス開業までの助走段階での必要な無職期間です。

ゴールデンウィークが終わった7日から、本格的な改装が始まりました。



主な改装個所は、壁、床、天井、そして台所です。

大工さんにお願いするところがほとんどですが、自分でできるところはやろうと思います。



今日も一日台所の床をきれいにしてました。



まだまだ時間はかかりそうです…

でもなんかこういう風にいろいろ進んでいるととても楽しくなります。



2018年5月1日火曜日

5月からは…

こんばんは。
協力隊の任期も4月末で終わり、『無職』という肩書になりました。



『無職』なんて、大学を卒業して一年就職浪人をして以来15年ぶりなので、少しわくわくしている自分がいます。

といっても、いつまでも無職でいる訳にはいかないので早々に『経営者』になろうと思いますが…

ここ最近のことを少し。

前回のブログで触れましたが、簡易宿泊所の許可が下りました。



保健所の方から「許可下りましたよ」とは言われていたものの、実際に書類が届くまではなぜか不安だったりしたものですが、これで一安心です。

その間には、母の実家である滋賀県大津市に行き、ご先祖様のお墓参り等、忙しくなる前にやっておきたいことをやってきました。





さて、5月。
今月からは住むところも変え、心機一転。ゲストハウスの改装に専念していこうとおもいます。



ただ、現在このブログを書いているのが5月1日午後9時過ぎ。
これまで何度か引っ越していますが、なぜこうも引っ越初日は寂しいのでしょうか?

2018年4月23日月曜日

協力隊として

こんにちは。ご無沙汰しております。

13日に保健所の検査があり、20日に許可がおりたという連絡がありました。
許可証が届くのは後になりますが、とりあえず簡易宿泊業として営業ができる形はやっと整いました。


ゲストハウスの開業準備の一方で、地域おこし協力隊としての仕事もあり、毎日忙しく動き回っています。

地域おこし協力隊としての任期は4月末まで。
と、いうことで先日、お世話になった地域の方に向けて、3年間の活動報告会をさせてもらいました。



当初20人前後が来てくれたら嬉しいなと思っていましたが、当日は50人ぐらいの方が来てくれてびっくりしました。

お世話になった地域の方。役場の職員の方。地域おこし協力隊のOB。


そんな方々に3年間の思い出や学んだこと。そして、今後どうしていくかなどを話しました。

発表の後には、地域の方からエールもいただき、報告会は温かい雰囲気に包まれながら終了しました。




3年前。どんな地域なのか不安の中始まった協力隊活動でしたが、地域の方々に可愛がっていただきなんとか3年間を無事に終了することができました。
今後は、ゲストハウスを通じて地域に少しでも貢献できたらいいなと思います。



2018年4月6日金曜日

今月中には…

こんにちは。
4月になり、地域おこし協力隊としての活動も残り1か月となりました。


今度の13日に保健所の検査が入ることになり、やっとここまで来たかという気持ちです。

そんな中、今は台所の改装作業をしています。


台所は、壁、シンク、床、と色々いじるところがあり、なかなか大変そうです。
壁は当初、壁紙でも貼ろうかと思っていましたが、それだとプロ並みの技術が必要ということで、不器用な私には向いていないということで「じゃあペンキで塗ろう」と思い立ちました。

ですが…

調べてみるとこれもなかなか大変そうで…

まず、色を何にしたらいいかわかんないし、塗り方も下地処理とか大変です。



ペンキに関しては色々調べて、まずはサンプルを取ってみました。この中から色を決めていきたいと思います。



下地処理に関しては、現在進行中です。
なかなか大変で、パテ塗りも2回にわたってしなきゃいけないみたいだし、ファイバーテープなんて今まで聞いたこともないテープを張ったりしなきゃいけないみたいだし、パテもどれがいいのかわかんないし…という状況で、一個一個ネットとか見ながらやってます。



それでも、なんかこういった作業は楽しいです。



さて、今月は11日には3年間の報告会などもあったり、出張行ったり、母の実家に帰ったりとなかなか忙しいですが、協力隊の最終月を満喫しながら、台所をある程度仕上げていきたいと思います。